スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



←この記事がご参考になりましたらクリックお願い致します


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルバイトの税金・扶養 

アルバイトのやりすぎには注意が必要です。

 アルバイトのやりすぎは逆に収入を減らす結果となることもありえるからです。アルバイトの収入がある一定額を超えると税金が発生するからです。

「130万円超えたら駄目」
「やばい、103万超えそう」

という声をよく聞きます。正確には「年間のアルバイト収入が103万以下なのであれば、源泉徴収された分は年末調整時に還付される」です。
また、扶養のことも忘れてはいけません。

扶養に入る条件は「合計所得金額が38万以下」です。

ここで注意してほしいのが、給与所得=給与収入ではありません



これについて説明します。 ★収入がアルバイトだけの場合、(給与収入)-{給与所得控除(65万)}=(給与所得)となります。つまり一般的に言われている103万という金額は、扶養の要件(38万)と給与所得控除(65万)の合計額ということになります。

 ん?って人のためにもっと分かりやすく言えば、

★アルバイト収入が90万だったとします。すると給与所得=90-65=35となり38万以下でおさまっていますね? ★アルバイト収入が103万だったとします。すると給与所得=103-65=38となり38万以下ギリギリとなり、ギリギリで扶養に入れることになります。

税の話に戻りますが、103万円を超えそうにないのに、税金が引かれている!と言う方もいらっしゃると思います。安心してください。お金は戻ってきます。ただめんどくさいです。 詳しくは次のタイトルで!

また、学生さんは勤労学生控除といって、さらに27万円を合計所得から引くことができます。つまり103+27=130万以下なら税金は引かれないということになります。しかし、扶養に入れるのは合計所得金額が38万以下と変更はないので、扶養を外れるとなると両親の収入に影響を及ぼします。超えそうな時は両親とよく相談して下さい。

無難なのは103万を超えないことですね。

ここまでは、収入がアルバイト収入のみの場合で、その他の収入がある場合は少し変わってきます。
アルバイトのやりすぎにも注意が必要ですね。

スポンサーサイト



←この記事がご参考になりましたらクリックお願い致します


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。