スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



←この記事がご参考になりましたらクリックお願い致します


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

履歴書を書く際の注意点 

履歴書は、アルバイトに応募する時に必ず必要になります。履歴書はアルバイト先へ自分の働く意志やアピールポイントなどの他にも、自分のこれまでの経験や、希望などを伝える重要なものです。
しかし、結構間違えた書き方をしてしまう例が多く見受けられます。間違えた書き方をすれば必ず採用されないということはありませんが、印象は悪くなってしまいます。履歴書の書き方なんて簡単なものですから、さらっとマスターしておきましょう。以下の点に注意すればOKです。


履歴書を書く際の基本
・黒か青のボールペンで丁寧に書くこと(綺麗な字が書けなくても、丁寧さが伝わればOKです)
・数字を使うときはアラビア数字(例、1.2.3.4・・)を使いましょう。
・修正ペンや二重線で訂正した履歴書はイメージダウンしてしまいます。間違えてしまったら、面倒ですが、必ず新しい履歴書で書き直しましょう



日付・住所・氏名などの基本情報
・日付には、面接の日や提出日にあわせる必要は無く、書いた日付を記入しましょう。
・氏名欄のところにふりがなを書く欄があります。これは「ふりがな」と書いてあるか「フリガナ」と書いてあるかによって、書き方が異なり、「ふりがな」とかいてある場合は「ひらがな」で「フリガナ」と書いてある場合は「カタカナ」で書くのが常識です。
・連絡先の電話番号は携帯電話でも失礼には当たりません
・住所はマンション名やアパート名まで正確に記述しましょう
・本人写真欄には、3ヶ月以内に撮影した証明写真をのりで貼り付けます。写真自体もだらしない格好のものよりもできるだけしっかりとした格好で撮影したほうが良いでしょう。
スナップ写真やプリクラなんて絶対駄目です。3分間写真など良いので、撮影したまじめな顔を貼付しましょう。


学歴や職歴
「学歴・職歴欄」の1行目の中央に「学歴」と記述し、実際のデータは2行目から記述します。学歴を書き終えたら、次の行に「職歴」と中央にバランスよく記述します。以後の記述はすぐ次の欄から開始します。職歴がない場合は「なし」と記述し、さらにその次の欄の右端近くに「以上」と記述します。
学歴は通常小学校卒業、中学校卒業、高等学校入学、高等学校卒業、大学入学、大学卒業、を書きます。注意点としては、高校ではなく、○○高等学校と書くことです。 ただし、場合によっては、高等学校入学からでもOKです。高等学校以上の場合は、入学と卒業の両方を書きます(留年があるため)。





資格や特技欄
資格については、基本的に英語検定や簿記検定などなら「2級以上」が掲載可能ラインといわれていますが、資格なしよりはマシですので、3級などでも記述はOKです。 TOEICは600点以上が基本です。
その他の注意点として、自動車免許については「普通自動車第一種運転免許」となります。「2種」はタクシードライバーなどの方がとる資格ですね。
どうしても埋められない場合は「英検2級の資格を取るために勉強中」等を書いて、極力空欄をなくすようにしましょう。その方がイメージは良いです。


志望動機・本人希望欄
履歴書を書く上で、もっとも経営側が重視するのはこの志望動機・本人希望欄です。なぜなら、雇う側としては、沢山仕事に入れる人、時間に融通の利く人、できるだけやる気のある人材を採用しようと考えるからです。ですから、できるだけ融通の利く人をアピールし、自分のアピールポイントを上手に書くことが重要です。志望動機欄には「私には○○という長所があります。この長所は貴社で働く上で□□という面で役立ちます。」等、書ければベストです。。
本人希望欄には、週何日働けるのか、自分の希望条件等を書きます。また都合の悪い曜日や時間帯がある場合は「月曜日は勤務不可です」「夕方6時以降の勤務希望」など、その旨を簡潔に記述します。最後に、「出来る限り貴社の都合に合わせられるように致します。」等、付け加えるのもよいかもしれません。

ちなみに、先方の会社を呼ぶ場合、口語では「御社」、文語では「貴社」です。口語で「貴社」と言うと、「記者」「帰社」「汽車」等と混同してしまうかららしいですね。


←この記事がご参考になりましたらクリックお願い致します


スポンサーサイト
[ 2008/02/12 01:20 ] その他 | TB(0) | CM(1)

荒業 

ちょっとした荒業

経営側は沢山仕事に入れる人、時間に融通の聞く人を採用したいと思っているところがほとんどです。そこで、最初の1~2ヶ月は辛いのを覚悟の上で、履歴書には勤務可能日を多めに書く荒業もあります。
レストランなどでは金土日、祝日、正月等が忙しいことが多いので、必ず聞かれます。

店長「祝日や正月は出勤できますか?」
と、そこであなたは、
あなた「もちろんです。任せてください。(満面の笑み)」
と、答えるのです。

正月まで働く気がない場合等には使えます。
採用前には会社側に「採用の可否」という主導権が握られていますが、一旦採用されてしまえば、その後は勤務日を短縮したりなどの融通が利きやすくなります。良心が痛みます。
責任はもちませんよ(笑)







←この記事がご参考になりましたらクリックお願い致します


[ 2008/02/12 01:38 ] その他 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。