FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



←この記事がご参考になりましたらクリックお願い致します


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テレフォンアポインター①~仕事内容~ 

テレフォンアポインターの仕事についてです。

テレフォンアポインターは電話を用いた販売・営業職です。
テレフォンアポインターには以下の二つのタイプが存在します。

アウトバウンド型・・・名簿などのリストに対して電話を掛け、商品の販売をしたりする
             例.家庭教師の案内
インバウンド型・・・掛かってくる電話に対応する     
             例.通販販売の電話対応             

この仕事は基本、給料(時給)が高く、歩合制が存在しているところも多いです。ほとんどが、基本給料+歩合。
さらに、アウトバウンド型だとノルマも存在しているところもあります。例えば、月3件以上取らなければクビとかです。その分、取れる人には給料が高くなったりします。私服で髪型自由が多いようです。

しかし、ノルマがなくても、テレフォンアポインターには数字が付きものです。どれだけアポをとったのか、どれだけ高い商品を買ってもらえたかなどの数字です。ほとんどのところが、数字を表や、グラフにして、壁に貼られてますからプレッシャーを感じずにはいられません。上位者は、プレゼントが贈られるところもあります。どこも数字をあげようと必死なんですね。

この業界は人が足りないのか、面接で落とされた話をほぼ聞いたことがありません。未経験者でも全く問題ありませんし、高校生も可能なところもあります。はじめは緊張してしまいますが、慣れれば楽しくなる、かもしれません。マニュアルが用意されているため、それ通りに電話で案内していきます。主な質問と回答も記載されているので、大抵はそれだけで間に合うのですが、心配性、または慎重なお客様のマイナーな質問には、どうしても対処しきれません。その場合は責任者に、聞いてみるしかありません。初めは、どうしても一人では対処できない状況に苦しんでしまいがちです。そんな状況では到底、アポイントは取ることはできないので、個人的な話術を身につけることが重要だと思い知らされます。



この仕事をすれば誰でも思のですが、世の中いろんな人がいるのだと改めて思いますし、精神的に辛い仕事です。中には、いい人ももちろんたくさんいらっしゃいますが、なぜか最初からケンカ口調とかだと、すぐ電話を切りたくなります。私の場合、そういう人には必殺「平謝り」です。「申し訳ございません」×∞。どれだけこのセリフを言っただろうか・・私の決めゼリフみたいなもんです(*_*;


←この記事がご参考になりましたらクリックお願い致します


スポンサーサイト
[ 2007/09/25 18:19 ] その他 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。